なぜ妊娠すると葉酸が必要なのか

ビジネスマンの父が息子に伝える日記 > 妊娠 > なぜ妊娠すると葉酸が必要なのか

なぜ妊娠すると葉酸が必要なのか

妊娠をするとよく葉酸を接種するように言われることがあります。

葉酸とは水溶性のビタミンの一種で、造血や核酸(DNAなどの遺伝子)の製造に欠かせない栄養素です。

妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんの体が作られていきますが、その中でも重要なのがDNAです。

DNAは人体の設計図とも呼ばれるもので、遺伝子は決まった数、正常なものができなければ様々な問題を引き起こします。

 

妊娠初期に母体が葉酸不足だった場合、先天性の障害が赤ちゃんに現れる可能性があります。

葉酸不足で特に多いのが、「二分脊椎症」という障害です。

二分脊椎章とは神経管閉鎖障害の一種で、脊椎骨が作られる時になんらかの問題が発生し、脊髄が外にでたり損傷していたりなどの障害が出ます。

人によって症状の重さは変わりますが、症状が重いと下肢が変形したり、排便障害を併発したりします。

 

このような障害を防ぐために、妊娠初期には不足しがちな葉酸をとることがすすめられています。

胎児の細胞分裂は大体妊娠の4週から12週の間ですので、この期間は意識して葉酸をとることをこころがけましょう。

葉酸は主に葉野菜や豆類、レバーなどに豊富に含まれていますので、これらのものを日々の食事にとるようにするといいでしょう。

なかなか食べられないという方は葉酸のサプリメントなども市販されていますので、そちらの方を利用するといいでしょう。

 

また、妊娠中だけでなく、貧血を起こしやすい生理の時や授乳中にもとるようにすると症状が緩和しやすいのでおすすめです。カンジダ菌 除去